借地権は2種類

借地権借地権は大きく分けると旧借地権と新借地権の2種類あります。平成4年以降に契約が行われた場合、新借地権が適用されます。注意すべきは旧借地権の場合です。借地権者側の立場を守る意味合いが強いのが理由で、地主と借地権者でトラブルが発生することも少なくありません。これが理由で新借地権に改正されました。旧借地権と新借地権が混在している状態ではあるものの、旧借地権で契約をした土地を更新した場合も新借地権とはなりません。

借地権は所有権ではないものの、売却や買取あるいは譲渡が可能です。ただ、地主の承諾があることが絶対条件になります。借地権を相続した場合は地主に無償で返還しないといけないわけではありません。どちらの種類であっても、地主との関係を悪化させずに対応するのが肝心となります。底地取扱店への相談が重要になるのはこの部分が大きいといえるでしょう。

借地権に関する知識が乏しいと、地主との交渉がスムーズにいかないことも少なくありません。借地権の売却や買取をする場合やしてもらう場合は、スムーズな交渉が重要になります。専門的な知識を持っているとともに、交渉にも長けている底地取扱店が対応すれば、うまくいく可能性は高まるでしょう。