双方が満足できる

借地権の買取で大きな問題になるのは、買取側と売却側の価格差にあります。買取をする側は少しでも高くしたいと思うのが当然といえるでしょう。地主側は高く売りたいと考えるため、落としどころが見つからない場合もないわけではありません。もちろん、底地の売却や買取はその土地に住んでいる借地人も関係してくるからこそ、交渉がスムーズに進まないということもあります。さまざまな人間が絡み合うからこそ、第三者の介入が必要不可欠になることも少なくありません。

相談双方にとってメリットのある提案をしてくれるのが底地取扱店であり、円満な買取や売却を行える理由になります。もちろん、その土地の評価や調査などもすべて対応してくれます。行き当たりばったりの対応になってしまうと、借地権の買取や売却はうまくいきません。基本となるのは相場に合わせての対応であり、相場を知らない方が対応するのは難しいものがあります

底地取扱店にすべてを任せることが100%うまくいくかどうかは分からないものの、少なくとも失敗してしまう可能性は少なくなるといえるでしょう。依頼するかどうかは別として、まずは底地取扱店への相談をしてみるのがよいでしょう。適切な対応方法をレクチャーしてくれます。