借地権は2種類

借地権借地権は大きく分けると旧借地権と新借地権の2種類あります。平成4年以降に契約が行われた場合、新借地権が適用されます。注意すべきは旧借地権の場合です。借地権者側の立場を守る意味合いが強いのが理由で、地主と借地権者でトラブルが発生することも少なくありません。これが理由で新借地権に改正されました。旧借地権と新借地権が混在している状態ではあるものの、旧借地権で契約をした土地を更新した場合も新借地権とはなりません。

借地権は所有権ではないものの、売却や買取あるいは譲渡が可能です。ただ、地主の承諾があることが絶対条件になります。借地権を相続した場合は地主に無償で返還しないといけないわけではありません。どちらの種類であっても、地主との関係を悪化させずに対応するのが肝心となります。底地取扱店への相談が重要になるのはこの部分が大きいといえるでしょう。

借地権に関する知識が乏しいと、地主との交渉がスムーズにいかないことも少なくありません。借地権の売却や買取をする場合やしてもらう場合は、スムーズな交渉が重要になります。専門的な知識を持っているとともに、交渉にも長けている底地取扱店が対応すれば、うまくいく可能性は高まるでしょう。

双方が満足できる

借地権の買取で大きな問題になるのは、買取側と売却側の価格差にあります。買取をする側は少しでも高くしたいと思うのが当然といえるでしょう。地主側は高く売りたいと考えるため、落としどころが見つからない場合もないわけではありません。もちろん、底地の売却や買取はその土地に住んでいる借地人も関係してくるからこそ、交渉がスムーズに進まないということもあります。さまざまな人間が絡み合うからこそ、第三者の介入が必要不可欠になることも少なくありません。

相談双方にとってメリットのある提案をしてくれるのが底地取扱店であり、円満な買取や売却を行える理由になります。もちろん、その土地の評価や調査などもすべて対応してくれます。行き当たりばったりの対応になってしまうと、借地権の買取や売却はうまくいきません。基本となるのは相場に合わせての対応であり、相場を知らない方が対応するのは難しいものがあります

底地取扱店にすべてを任せることが100%うまくいくかどうかは分からないものの、少なくとも失敗してしまう可能性は少なくなるといえるでしょう。依頼するかどうかは別として、まずは底地取扱店への相談をしてみるのがよいでしょう。適切な対応方法をレクチャーしてくれます。

借地権の買取について

いざ借地権を買取してもらうのはまず地主の意向を確認しないといけません。地主からの許可がないと、買取してもらいたいと思ってもできないものです。業者を利用する場合は価格を査定することが大切であり、正確な査定をしてもらわないといけません。地主からの許可を得られない場合は裁判所に許可を求めるという方法もあります。ひとつの方法ではあるものの、地主との関係が悪化してしまう可能性もないわけではありません。平和的に問題を解決することを考えないといけません。

借地権借地権は複雑でトラブルが生じやすいのが特徴であり、プロに依頼して対応するのが基本となります。当事者同士ですべてが解決できる場合もあるものの、そうでない場合も少なくありません。プロに依頼をする場合は、底地取扱店への相談をするのがよいでしょう。地主から承諾がなかった場合には、交渉を依頼することができるのも大きいです。相談から査定、さらには出張まで対応してくれるプロの存在は非常に大きいといえます。いうならば人生を左右する大きな出来事になる可能性もないわけではありません。どういった対応をするにしても、底地取扱店への相談はまずした方がよいでしょう。

ここでは借地権を買取してもらうにあたって、底地取扱店への相談の重要性について解説していきます。双方が円満に終われるための方法を持ち合わせており、スムーズに交渉をしていくにあたっても底地取扱店への相談は必要といえるでしょう。